シーガル カイロプラクティック SeaguLL Principled ChiropracTIC  | 日記 | 足の痺れについて

相模原のカイロプラクティック専門オフィス

Top >  日記 > 足の痺れについて

シーガル カイロプラクティック SeaguLL Principled ChiropracTIC   の日記

足の痺れについて

2022.05.04

おはようございます。
シーガルカイロプラクティックの水越です。

 
生命は物質の限界を越えない限り、破壊に対して創生を行います。

すべての症状は一見不快ですが、それは生命が備える癒しのプロセスそのものです。

自身の生活習慣を反省し、より自然なものへと導き、そして時間と静けさを与えること。

そうすれば、破壊された組織は少しずつ修復されていきます。

そうやって修復した組織は以前よりも強くなるものです。

破壊と創生を繰り返し、生命は一歩ずつ進む生き物なのです。

 
"足の痺れについて"

お尻から膝や足にかけて痺れがあったり、チリチリと感じる痛みがある。
 
そのような場合は腰椎や骨盤がゆがんで坐骨神経に干渉が起こっている可能性があります。
 
坐骨神経は腰椎4,5番、仙骨1,2,3番の椎間孔から出て、お尻の筋肉の下、そして太ももの裏側を通り、膝の裏で二又に分かれる神経です。 

ですから、坐骨神経に干渉があると太もも、足に痛みやシビレ、チリチリした痛み、突っ張るような痛み、熱を持ったような痛み、冷たい感覚などが発生します。
 
また、足に力が入らない。長時間立ってられない。歩くと痛みが強くなり歩けなくなる場合もあります。
 
坐骨神経痛の原因は坐骨神経への干渉です。その要因は色々な種類が存在します。 
 
その中でも長年の姿勢の悪さによって起こる腰椎や骨盤のゆがみが原因の坐骨神経の干渉があります。
 
これはカイロプラクティックで回復しやすいケースです。
 
定期的なアジャストメントを続ければ少しずつ、姿勢が良くなり神経干渉も減っていき、それに比例して痺れも減るでしょう。
 
しかし、何十年も姿勢の悪さを放置していれば椎間板の厚みがなくなりカイロプラクティックがもはや出来なくなることもあります。
 
椎間板が通常の厚さの1/3くらいまで残っていればカイロプラクティックケアが可能なので、そのように変形する前に早めの施術をすることをお勧めします。 
 
最後まで、お読みいただきありがとうございました。
 
 
◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

シーガルカイロプラクティック
Tel  042-768-7153
Email seagullchiro@gmail.com 
神奈川県相模原市中央区小町通1-2-5
相模原 町田のカイロプラクティック・治療院・脊椎・神経・骨盤・姿勢・妊婦・小児なら
 
◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

足の痺れについて

日記一覧へ戻る

【PR】  結婚相談所 大阪レジェンデ  マルシャン本店 旭屋ベーカリー  個別指導塾 アンフィニ  デイサービス昭和館|西成区 西天下茶屋  Connection~ネイルとマツパ専門店~